衣川元嗣(衣川もとつぐ) 公式ページ

元候補者の衣川元嗣(無所属)のホームページです。

画像・動画

出馬した選挙

・平成二十七年京都府議選挙
・平成二十四年福知山市長選挙

ブログ更新情報

会社ブログ更新情報

政策(国・地方で共通の政策)

・大規模公共事業をいくつも開始して、経済を活性化させ、一世帯の平均年収を600万円(東京・大阪などの物価の高い地域、障害者・介護の必要な高齢者・3人以上の子供がいる場合の平均年収は800万円)にします。
・毎年10%のインフレを発生させ、通貨の価値を下落させていくことで、預貯金やタンス預金を消費に向かわせ経済を活性化します。また、インフレによって債務返済の負担を軽減します。
・皇室を中心にした日本文化を重んじる教育を小中高校で行います。天皇陛下を尊敬する心・日本文化を尊重する心を育みます。

政策(京都府政でするべきこと・府議選挙用)

・京都府北部で大規模公共事業をいくつも開始して、経済を活性化させ、京都府北部の一世帯の平均年収を600万円にします。
・京都府北部に特別区を設置して、軍需産業・新型の細胞を利用した先端の再生医療事業・世界の消費者と事業者を顧客にしたグローバルなIT事業と金融事業を起こし、税収や雇用を増大させます。
・京都府北部の水害・地震などの被害を最小化する研究を多数の専門家で行います。
・税によって、京都府内の自営業者・中小企業に最大3000万円を融資します。京都府民に住宅建設資金・教育費・医療費を融資します。

政策(福知山市政でするべきこと・福知山市長市議会選挙用)

・大規模公共事業での失業者減と給与増
 大規模な公共事業を行い失業者を減少させます。
 市民の平均年収を一世帯600万円まで引き上げます。
・300~3000万円の公的融資制度の創設
 小規模事業者を対象とした税による融資制度を創設し、自営業者や中小企業の活動を活性化します。
・旧3町での商業施設、公共施設、病院の建設
 大江町、三和町、夜久野町で施設建設を推進します。
 全ての福知山市民が豊かに生活できるようにします。
・公務員人員と給与の削減による支出抑制
 公務員にかかる人件費を削減し公的支出を抑制し、財政を建て直します。
 市議と市長の給与も削減します。
・生活保護改革
 高齢者・障害者の生活保護受給資格を緩和します。
・日本文化を重んじる教育の実施
 正しい教育により正しい日本人を育てます。

経歴

京都府福知山市生まれ。
昭和小学校卒業、南陵中学校卒業、福知山高校中退、大検合格、京都学園大学経済学部卒業。
大学卒業後は会社員(約1年)、派遣社員(6カ月)として働く。
派遣社員の契約終了後、プログラマーとして26歳で京都市にて独立する。
32歳で神経圧迫により右上半身が麻痺する(後に快癒)。同年、福知山市市長候補になる。
京都で会社を創業し初代会長、終身顧問を務める。複数社の役員・技術責任者を兼務。株式会社衣川総合研究所代表取締役、
法令遵守監督委員会委員長、福知山新生の会副代表幹事長、憲政友の会HP準備中)代表、京都産業振興会評議員。
「審判」「城」などのフランツ・カフカの愛読者。
現在はシステム開発をしながら福知山市で貧困・ワーキングプア・過疎化・高齢化の問題に取り組む政治活動を行なっています。
国政選挙と福知山市長選挙の候補者を募集中です。
twitterfacebookもしています(フォローや友達申請は自由にして下さい)。

職業

プログラマ・経営コンサルタント・限界集落再生士

趣味

・読書
 フランツ・カフカ、ゲーテ、トーマス・マン、ドストエフスキーなどを読みます。
 日本文学は漱石や鴎外など。
 村上春樹などの最近の作家よりも、文豪の古典になった作品を愛読しています。

・将棋
 昔、初段の認定を受けましたが、最近は将棋観戦が中心です。
 中学生の時から羽生善治氏のファンでしたが、今は時間がなくて雑誌『将棋世界』もあまり読んでいません。
 女流のタイトルに興味はないですが、里見香奈は俺のよm(ry

・語学
 英語・ドイツ語を勉強します(読み書き中心)。

現在のブログ

過去のブログ

メディア掲載等履歴

・新聞
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞
京都新聞
両丹日日新聞
・TV
NHK
・ラジオ
FM丹波